HOME>日仏コローク・国際シンポジウム

 

日仏コローク・国際シンポジム
 

国際シンポジウム
「社会の境界と社会学の境界―社会学のディシプリン再生はいかにして可能か」
要申し込み・参加無料
«Limites de la société / Frontières de la sociologie
: Quels renouvellements pour la discipline sociologique ?»
日時:2017年9月18日(月・祝)13:30~18:00 
場所:日仏会館ホール(東京都渋谷区恵比寿3-9-25)
https://www.mfjtokyo.or.jp/access-map.html
言語:日本語・フランス語(同時通訳あり)
要オンライン申込:
日仏会館フランス事務所Web siteより参加申込みをお願いします。
http://www.mfj.gr.jp/agenda/2017/09/18/20170918_yves_deloye/index_ja.php

プログラム
第一部 司会:白鳥義彦(神戸大学)
13:30 - 13:40  趣旨説明     :中島道男(奈良女子大学)
          講演者紹介:白鳥義彦(神戸大学)
13:40 - 14:40 講 演 イヴ・デロワ
La sociologie durkheimienne de la citoyenneté : apports et limites.
市民性をめぐるデュルケーム社会学――寄与と限界

14 :40 - 15:00 コメント: 小川伸彦(奈良女子大学)
                                古市太郎(文京学院大学)
15 :00 - 15 :30  イヴ・デロワからのリプライとフロアからの質疑

第二部 司会:北垣徹(西南学院大学)
15:40 - 16:40 報 告
岡崎宏樹(神戸学院大学)
 非合理性と流動性――社会学の境界で考える
 Irrationalité et liquidité.

荻野昌弘(関西学院大学)
 不可視の他者――社会学的伝統の埒外にあるもの
 La presence invisible d’autrui : ce qui echappe au cadre classique de
la sociologie.

16:40 - 17:00  コメント:   イヴ・デロワ

17:00 - 18 :00  全体討論

紹介◆イヴ・デロワ氏 Yves DÉLOYE
フランスの社会学者。1963年生まれ。ボルドー政治学院(Sciences Po Bordeaux)院長、
エミール・デュルケーム研究センター員。
École et citoyenneté ― L’individualisme républicain de Jules Ferry à
Vichy : controverses(Presses de Sciences Po, 1994)、Sociologie
historique du poltique(Découverte, 2007 第3版;邦訳『国民国家
構築と正統化――政治的なものの歴史社会学のために』(監訳)中野裕二、(訳)稲永祐介、
小山晶子、2013年、吉田書店)、L‘acte devote(Presses de Sciences Po, 2008共著)など、
著書・論文多数。関心領域は、政治の歴史社会学・政治社会学・EUの政治理論・宗教と政治・
科学的知識の社会学など。

主催:科学研究費補助金・基盤研究(B)「社会学のディシプリン再生はいかにして可能か
――デュルケーム社会学を事例として」(15H03409)、日仏社会学会、デュルケーム/
デュルケーム学派研究会
共催:(公財)日仏会館、日仏会館フランス事務所
連絡先:デュルケーム科研推進事務局 durkheim2017@gmail.com  (@を半角にしてください)

【D科研】国際シンポジウムポスター.pdf


関連イベント
◆京都会場◆参加無料 申込不要
国際シンポジウム:古典から現代へ―社会学のディシプリン再生はいかにして可能か―
2017年 9月 21日(木) 13:00 – 18:30
会場:コンソーシアム京都(キャンパスプラザ京都)2階第一会議室
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939
         京都市営地下鉄烏丸線、近鉄京都線、JR各線京都駅 徒歩5分
アクセス↓
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
言   語:日本語・フランス語・英語(講演については逐次通訳あり)
登壇者:
 イヴ・デロワ
     La sociologie durkheimienne et l'histoire : Durkheim peut-il être
     considéré comme un précurseur de la sociologie historique?
    デュルケーム社会学と歴史学
    ――デュルケームは歴史社会学の先駆者ととらえられ得るか?

主 催 ・基盤研究(B)社会学のディシプリン再生はいかにして可能か(15H03409)
    ・デュルケーム/デュルケーム学派研究会
    ・立命館大学生存学研究センター
連絡先:デュルケーム科研推進事務局 durkheim2017@gmail.com (@を半角にしてください)

◆奈良会場◆参加無料 申込不要
ラウンド・テーブル イヴ・デロワ氏を囲んで
2017年 9月 22日(金)  11:00 – 14:00
奈良女子大学文学系N棟339教室(大学正門を入りすぐ右の建物)
〒630-8506 奈良市北魚屋西町
アクセス↓
http://www.nara-wu.ac.jp/nwu/intro/access/map/index.html

主 催 ・基盤研究(B)社会学のディシプリン再生はいかにして可能か(15H03409)
    ・デュルケーム/デュルケーム学派研究会
連絡先:デュルケーム科研推進事務局 durkheim2017@gmail.com (@を半角にしてください)


------------------------------------------------- 
日仏コローク(第12回学術シンポジウム社会学部門)
2011年11月3日-4日 社会科学高等研究院(パリ)
助成:国際交流基金
日仏コローク 大会プログラム
報告論文:日仏社会学会年報 第22号(2011年)


日仏コローク(第11回学術シンポジウム社会学部門)
2007年11月2日-3日 関西学院大学、高野山大学
後援:笹川日仏財団、関西学院大学、高野山大学 
グローバル化時代における安全/安心社会の構築―日仏比較の視点から
(藤吉圭二会員のサイトへ)