No.73 2022年9月のフランス滞在にて

 2022年9月、日仏会館研究助成研究協力者として、レンヌとパリへ調査に赴いた。4年振りのフランス滞在であった。すっかりマスク生活が板につき、人と接しない生活に慣れ、長距離移動なんてもってのほかという日常を過ごしていた私は、「空港に行く」という行為から大変な緊張感であった。コロナ禍を経て、フランスはどのように変わってしまったのだろうか、不安であった。

 シャルル・ド・ゴール空港に到着し、モンパルナス駅からTGVでレンヌへ移動する道すがら、4年前には存在しなかった、マスク等不衛生なもの専用のゴミ箱、ソーシャルディスタンスや感染防止を促すサインと看板などを目にした。「フランスにはもうマスクをしている人はいない」と、ニュースなどで耳にしていたとおり、街中でマスクを着用している人を見かけることはほとんどなく、日常の光景が広がっていた。街も人も4年前と何も変わっていなかった。しかし、パリでもレンヌでも、メトロの中では老若男女問わずマスクを着用している人を見かけることも多く、私自身マスクを着用していても特に変な目で見られることもなかった。マスクをしようがしまいが「自由」であった。

 レンヌにて学生にインタビュー調査を行った際もその「自由」を感じる場面があった。インタビューに応じる際、マスクを着用している学生もいれば、着用していない(そもそもマスクを持っていない)学生もいたし、こちらにマスクをしてもしなくても良いと一声かけてくれる学生もいた。たかがマスクであるが、自由に選択できる感覚がとても心地よく、感動を覚えた。

 日本においては、マスク一つを取っても「世間の目」がついて回る。マスクを着用する理由に、「みんながつけているから」といった根拠のない理由が入り込む。日常生活において、相互に監視し合う空気が蔓延しているように感じ、窮屈であった。今回のフランス滞在において感じた「自由」は、「世間の目」などといった、はっきりとした基準をもたない雰囲気や空気ではない。自分もしくは相手のバックグラウンドや意思の尊重のみを考えて「選択」できたことで感じた「自由」なのではないだろうかと考えを巡らせる。

 学生の体験談や考え、コロナ禍当時の想いを直接聴くことができたのはもちろん、コロナ禍を経た日常を送るフランス人の姿をこの目で見、日本との違いを感じられたことは大変貴重な経験となった。

シンポジウム「コロナ禍における医療・看護系学生の闘い ── フランスにおける国家と教育 」開催

 2022年度日仏社会学会大会でも報告された日仏会館助成による研究成果を基に、日仏社会学会主催、(公財)日仏会館・日仏教育学会共催シンポジウム「コロナ禍における医療・看護系学生の闘い ── フランスにおける国家と教育」を開催いたします。ご参加には事前申込みをお願いいたします。ふるってご参加ください。

 フランスでは、新型コロナウイルス禍という社会危機に際して、医療・看護系学生が、病院・医療施設等に治療の補佐的役割を担うため動員されました。このフランス政府の対応の意味を問うため、本研究では、実際に動員された看護・医療学生へのインタビュー調査を行いました。

 シンポジウムでは、実際に動員された学生たちは、どのような業務にあたったのか、また、学生たちは、そこで何を見、何を感じたのかについて、リアルな声を届けます。同時に、日本の看護・医療系学生調査との比較を通じて、フランス社会を理解するうえで、教育が決定的な意味を持っていることについても討議します。

2023年3月18日(土)15:00〜18:30
日仏会館ホール(定員70名) および オンライン(定員300名)
参加費: 無料

報告者: 荻野昌弘(関西学院大学)、大前敦巳(上越教育大学)、小田切祐詞(神奈川工科大学)、 近藤理恵(岡山県立大学)、佐藤典子(千葉経済大学)、中村健太(関西学院大学大学院)、西田尚輝(東京大学大学院)、原岡蓉子(創価大学)、フランスの看護・医療学生

司会: 北垣徹(西南学院大学)、白鳥義彦(神戸大学)

お申込み: https://forms.gle/BSsEHtmmqo1TEfXy5

フランス人学生による報告および質疑応答には逐語通訳がつきます。

会員研究企画を募集します

 本学会の研究活動を活性化させるため、本学会会員を対象に会員研究企画を募集します。

 経費は、10万円を上限とし、調査研究旅費(打ち合わせも含む)、資料費(書籍・複写費)、ゲストスピーカーへの謝礼に支出できるものとします。本助成をうけた研究グループは、助成を受けた年度(2023年度)あるいはその翌年度(2024年度)中に研究会、大会における報告を行う必要があります。

  1. 応募条件
    • 研究代表者は本学会会員とします。
    • 本学会会員を過半数とする3名以上の共同研究を対象とします。
  2. 応募書類
    • 代表者および研究分担者の氏名・所属・本学会会員資格
    • 共同研究の企画タイトルおよび概要(800字程度)
  3. 申込み締切  2023年2月28日
  4. 採択件数   1件
    • 応募が多数の場合、若手研究者中心の研究グループを優先します。
    • 採否は、2023年3月中に通知します。

ご応募・お問い合わせ:nichifutsusocio[アット]gmail.com([アット]を@に変換してください)

1 2 3 48